ルックプラスおふろの防カビくん煙剤で清潔なbath lifeを!

f:id:achipion:20190622231458j:plain

どうも!お掃除大好きあちきなんです!

今回はそんな僕が定期的に行っているお風呂の防カビ

の使い方やメリット、デメリットについてお話していきます。

 

f:id:achipion:20190622230846j:plain

おふろの防カビくん煙剤とは

f:id:achipion:20190622230833j:plain

お風呂って毎日入るので常に綺麗に保っておきたいですよね。

定期的に掃除をしていてもやはり水回りということもあってカビや滑りが発生してしまいます。

この"防カビくん煙剤"は使用することで黒カビやピンクヌメリを生えにくくすることができます。

あくまで生えにくくするための商品であり、除去するものではありませんのでご了承ください。

 使い方

f:id:achipion:20190622230919j:plain
開封すると商品と共に説明書が入っているので熟読し、使用してください。

使用前の準備

①お風呂を掃除する

f:id:achipion:20190622230857j:plain

先述しておりますが、カビを除去するものではないのでまずはお風呂の掃除を行なってください。

常に掃除を行なっていれば問題ないかと思います。

綺麗なお風呂にコーティングをするイメージです。

浴室内においてある蓋、イスやボトル類もヌメリを綺麗にしておきましょう。それらも浴室内に置いたままで問題ありません。一緒に防カビコーティングしちゃいます。子供のおもちゃも同じです。

 

お掃除後濡れたままの浴室でも効果には違いありません。

②換気を止める

f:id:achipion:20190622230910j:plain

窓や浴室の換気設備を止めましょう。

それらから防カビの煙が逃げてしまうのを防ぐためです。

浴室内で商品をセット

f:id:achipion:20190622230930j:plain

プラスチックの容器の点線まで水を入れ、浴室の中央に置きます。

※水を入れすぎると煙が出ないことがあるようです。

間違えることはないと思いますが上下を間違えないようにセットします。

※セット後煙が上がるのは約30秒後

※セット後は缶がすぐに熱くなるので触らないようにする

写真にはないですが、飛び出し防止用の蓋をします。

煙確認後ドアを閉め、90分放置

f:id:achipion:20190622230940j:plain

煙を確認したら浴室から出てドアを閉め、90分以上放置します。

※缶の上部から煙が出るので覗き込まない

※煙を吸い込まないようにする

90分後缶と容器を回収

f:id:achipion:20190622230947j:plain

90分放置した後缶と容器を回収します。

勢いよく煙が出るのは最初の約10秒でそこから5分間ゆるく出ます。なので90分放置後は煙は出ていないので心配無用です。

充分に換気を行う

90分の放置後は煙はほぼ見えなくなっていますが、換気設備を作動させ、窓も開け、30分ほど換気してください。

浴室内の小物類は洗い流す必要はありません。

捨て方は自治体の区分に従う

使用後は金属缶は、分解せずにそのまま自治体の区分に従って捨ててください。不燃ゴミや小型金属等々

定期的に行う

推奨は2ヶ月に1回とのことです。

僕も2〜3ヶ月に1回行うようにしています。

メリット:黒カビが生えにくくなる

商品名のそのままですね。

僕は基本入居後すぐに使用開始するので目に見える範囲にはカビを見たことがありません。それでも排水溝周りはやはりどうしてもカビが発生しやすいです。しかしこれを使うことで普段の掃除でも簡単にカビを落とすことができます。

デメリット:使用時、煙が臭い

この商品が発する煙は体には無害でとのことですが、僕的感想としては、害がありそうな臭いがします。

換気を止め、ドアを閉めていても隙間から部屋に漏れてくるので少し気になります。ですが得られる効果の方が大きいので我慢してください!

まとめ

今回は僕が定期的に使用している商品"ルックプラスおふろの防カビくん煙剤"の紹介でした。

掃除は基本的に苦じゃなく、好きですが、部屋掃除よりお風呂掃除の方がなんだか面倒に感じます。サボったりするとすぐにカビが生えてしまいます。カビは根が深くなるととても厄介で、もっと面倒になり、負の連鎖が始まります。しかしこの商品を使えば、お風呂掃除も楽チンになり、簡単に綺麗になるのでお風呂掃除が楽しくなります。

香りは好みかと思います。

ぜひ一度使用してみてください。

プライバシーポリシー